Beauty Science Institute > 成分 > ヘアケア > ビールの原料だけじゃない? 頭髪の悩みに知っておくべき“ホップ” の効能

ビールの原料だけじゃない? 頭髪の悩みに知っておくべき“ホップ” の効能

ホップに含まれるポリフェノールの意外な機能とは


“ホップ” と聞くと、大多数の人がビールを思い浮かべるのではないでしょうか。
ホップは雌花についている苞(ほう)と呼ばれる葉っぱ状のものが重なり合うことで、松かさのような毬花(きゅうか)をつくります。その毬花(きゅうか)が独特の香りや、爽やかな苦味をもたらすため、ビールづくりに欠かせない原料となっています。

しかし、ホップの機能はそれだけではありません。苦み成分に、消化促進や食欲増進の作用があることは以前から知られていましたが、最近では苦み成分の他に、機能性を持つポリフェノールを含むことがわかってきました。

そして判明した意外な機能が、“発毛促進” と “脱毛抑制” です。

三省製薬は、そんなホップの働きに注目。欧州ホップを原料として、独自製法で豊富なポリフェノールを抽出した育毛成分「欧州ホップエキス」を開発いたしました。

毛乳頭細胞を増やし、育毛促進遺伝子の発現を促進

毛髪の成長の要となるのは、毛乳頭細胞と毛母細胞です。毛乳頭細胞が毛母細胞に発毛の 指令を送ることで、健やかな髪を育みます。しかし、毛乳頭細胞に栄養が不足して機能 が低下したり、毛乳頭細胞そのものの数が減ったりしてしまうと、生産指令が出せず、毛母細胞による髪の成長も鈍くなるため、薄毛や髪のボリュームダウンといったトラブルにつながります。
ホップに含まれるポリフェノールは、毛乳頭細胞を増やし、さらに育毛の指令である発毛促進遺伝子の発現を促進するため、W の働きで発毛を促進します。

実際に三省製薬の「欧州ホップエキス」を使用した実験では、毛乳頭細胞の増殖および、育毛促進遺伝子の発現促進作用が認められています。

さらに、5α- リダクターゼの抑制効果も

また、「欧州ホップエキス」には、AGA(男性型脱毛症)を引き起こす原因酵素として知られる 5α- リダクターゼの活性を抑制する作用も認められています。
AGA 治療にとって重要となる 5α- リダクターゼ抑制には、薬物治療や食事療法など様々な 方法がありますが、「欧州ホップエキス」にも、抑制効果が確認されています。

発毛促進+5α- リダクターゼ抑制の組み合わせで、こんな開発にオススメ

三省製薬の「欧州ホップエキス」は W の発毛作用を促進しながら、AGA 対策への働きも期待できる成分です。また、ビール原料として知られている成分のため、一般の方にも受け入れられやすい素材です。

「欧州ホップエキス」の活用を考えられる製品としては

●新規育毛剤の開発
●既存育毛剤のリニューアル、効果アップ
●シャンプー、コンディショナー
●洗い流さないトリートメント

などがあります。
ヘアケアに悩み、ヘアケアの悩みに対して複合的に働きかける成分は、一般の消費者の方にとっても魅力的な成分として訴求できます。

三省製薬株式会社

この記事で紹介されている成分のサンプル・資料のご請求等は三省製薬までお気軽にお問合せ下さい。

TEL:092-503-2597(事業開発部) FAX:092-503-4696

RECOMMENDED おすすめ記事