Beauty Science Institute > 成分 > シミ > シミケアだけでは、もう女性は振り向かない! シミも黄ぐすみも同時にケアできる成分とは

シミケアだけでは、もう女性は振り向かない! シミも黄ぐすみも同時にケアできる成分とは

年齢を重ねるほど悩みが深くなる“シミ” や“くすみ” に


どの年代の女性にもいろいろな肌悩みがありますが、年代が上がるほど悩みの上位に上がってくるのが“シミ”や“くすみ”。なんとかケアしたいと考え、美白化粧品に手を伸ばす人は、昔も今も後を絶ちません。
そんな女性たちの助けとなるのが「欧州アルニカエキス」です。アルニカはヨーロッパの高原地帯に分布するキク科の植物で、夏場の短い期間だけ開花します。

花は鮮やかな黄色と甘い香りが特徴で、民間薬として古くから利用されてきました。別名「くしゃみ草」「山のキンセンカ」、「ころび傷の万能薬」とも呼ばれ、打ち身や傷に効く薬として役立てられてきたと言われています。

そんなアルニカのエキスが、実は女性の悩み上位である“シミ” “黄ぐすみ” のふたつに有効な働きがあることがわかりました。
三省製薬では、「欧州アルニカエキス」を用いてメラニン色素を生成するB16 細胞を用いた試験やヒト試験などを行い、その有効性を証明しています。

2段階で強力にメラニンを抑制

シミは、メラノサイトから作られるメラニン色素が細胞に拡散され、表皮に押し上げられていくことでできるもの。シミをこれ以上作らせない・できてしまったシミを薄くするためには、メラニン色素の生成を抑制する必要があります。
「欧州アルニカエキス」は、B16 細胞を用いた実験でも、3次元培養皮膚モデルを用いた実験でも白色作用が認められています。

また、ヒト試験でも皮膚の紅班を抑制することがわかっています。

「欧州アルニカエキス」がシミケアに優れている理由は、これらの働きだけではありません。「欧州アルニカエキス」はメラニン色素の生成を抑制だけでなく、さらに細胞へ拡散する働きもストップ。作らせない・広げない、の2 段階でしっかりブロックするため、シミの生成をより強く防ぐことができるのです。

話題の糖化もしっかりケア、黄ぐすみを解消して透明感を

「欧州アルニカエキス」は、近年話題になっている“糖化” ケアにも有効です。
糖とタンパク質による糖化反応で生成されるAGEs(Advanced Glycation Endproducts)は、肌の柔軟性や弾力性の低下、黄ぐすみ、繊維芽細胞へのダメージなど、年齢肌に深刻なダメージを与えます。肌のコゲなどと表現されることもあり、その深刻さ、ケアの重要性は広く認知され始めています。

「欧州アルニカエキス」には、AGEs 産生を抑制する高い作用があり、アンチエイジングや黄ぐすみ解消を望む女性たちにとって、助けとなる成分だと言えるでしょう。

「欧州アルニカエキス」はこんな開発にオススメ

三省製薬の「欧州アルニカエキス」はシミケアだけでなく、黄ぐすみもケアすることで、美白と透明感のある肌を同時に叶えることができます。

「欧州アルニカエキス」の活用を考えられる製品としては

●美白化粧品
●アンチエイジング化粧品
●UV 商品

などがあります。
美白化粧品やアンチエイジング商品が溢れている今だからこそ、シミも黄ぐすみも一緒にケアできるというメリットは、「どれを選んでいいかわからない」と悩む女性たちの背中を押せるものとなるのではないでしょうか。

三省製薬株式会社

この記事で紹介されている成分のサンプル・資料のご請求等は三省製薬までお気軽にお問合せ下さい。

TEL:092-503-2597(事業開発部) FAX:092-503-4696

RECOMMENDED おすすめ記事